髪の寄付

この記事を書いている人 - WRITER -

関田 大輔
 詳しいプロフィールはこちら  icon-twitter-square  icon-instagram
関田 大輔(せきた だいすけ)
表参道 ディフィーノ アオヤマ 副店長
カットに定評があり、柔らかな毛流れとまとまりのあるスタイルを作る。自宅でもカンタンにセットのできる再現性のある髪型になると評判。
詳しいプロフィールはこちら

髪をずっと伸ばしていたお客様の髪を、ばっさりと切らせていただきました。

ヘア ドネーションという言葉をご存知ですか?
ドネーション(Donation)とは寄付を意味します。
ですのでヘア ドネーションは髪の寄付という意味です。

切った髪の寄付をし、その髪の毛でウィッグを作成します(長さの規定があります)。
ウィッグを無償で(病気などで髪の悩みのある子ども達へ)プレゼントをしてくれる団体があるのです。

JHDACの活動と「ヘアドネーション」について
私たち Japan Hair Donation & Charity は、皆さまからご寄付いただいた『髪の毛』を使って、病気やケガなどが原因で髪に何らかの悩みを抱えている18歳までの子供達に、寄付毛100%で作られたフルオーダーの「Onewig」を無償でプレゼントしている、日本で唯一のNPO法人です。
[Onewig] 1体の製作には、およそ20〜30名分の髪が必要です。
そこで私たちJHDACは、一般の皆さまや美容師さん達に賛同を募り、全国から「髪の毛」を集めていますので、是非ご協力下さい。
参考url:http://jhdac.org/

お客様からのご要望でカットをさせていただきました。

wpid-wp-1447460390788.jpeg
ここまで伸ばすと生活に支障をきたすレベルなんだとか・・・。
頑張って伸ばしてくださっていたようです。
髪の寄付
寄付するのには細かい規定があり、規定通りに切らなければいけません。
・束に分けて切る
・長さ12インチ(=30.48cm)以上
・乾いた状態で切る(濡れていると結び目からカビが発生する)
など・・・。他にも
髪の寄付
バッサリ切らせていただきました。(掲載の許可も頂いています)
髪の寄付
今回は50cm束が2本、31cm以上の束が2本作ることが出来ました。
ここからヘアスタイルにしていきます!!
wpid-wp-1447460337185.jpeg
縮毛矯正がかかっているお客様ですが、ドライでここまで丸みのあるショートボブにカットしました。

今回お客様からご要望がなければヘアドネーションということは知りませんでした。
一つのウィッグを作るのに2〜30人分の髪が必要なんだそうです。

18歳以下の病気や怪我で髪に悩んでいる人たちに無償でプレゼントしているなんてすごいことですよね。

今まで30cm以上バッサリ切らせていただいたお客様・・・、たくさんいる(~~;)

こんなボランティアもあるのですね。
これからバッサリ切るお客様、もし長さに余裕があるようでしたらご相談ください。

新規指名No.1・クチコミNo.1
ショート&ボブは大人世代から
圧倒的人気のスタイリスト

やわらかなヘアスタイルを得意とし、一人一人に似合わせるヘアは、年齢層問わず多方面から支持されている人気スタイリスト。 ごまかしのきかない髪型のショート~ボブスタイルの顧客が8割にも及ぶ。 また最近はミディアムのレイヤースタイルもオーダーが多い。

毎朝のセットに時間かかっていませんか?
30代以上のすべての女性の方へ

ネットで検索しても、いい答えが見つからない。だったら悩みをプロの美容師に直接聞いてみませんか? 髪や地肌に関して気になること、気軽にご質問ください。 24時間365日いつでも受け付け中です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

表参道の美容室ディフィーノ青山|副店長

カットに定評があり、柔らかな毛流れとまとまりのあるスタイルを作る。自宅でもカンタンにセットのできる再現性のある髪型になると評判。