篠田麻里子さん風グラデーションボブ

この記事を書いている人 - WRITER -

関田 大輔
 詳しいプロフィールはこちら  icon-twitter-square  icon-instagram
関田 大輔(せきた だいすけ)
表参道 ディフィーノ アオヤマ 副店長
カットに定評があり、柔らかな毛流れとまとまりのあるスタイルを作る。自宅でもカンタンにセットのできる再現性のある髪型になると評判。
詳しいプロフィールはこちら

最近バッサリと短くカットされるお客様が多くお見えになります。
初めてのご来店の方も、何年も来て頂いてる方もいます。

今回のお客様の悩みは
・根元のボリュームが出ない
・前髪がペタっとする
・髪のダメージがストレス
でした。

そういったお悩みの方は、ひし形シルエットのボブがオススメです。
正面から見たときのヘアスタイルのシルエットを、「ひし形」に近い形に目指すこと。ひし形シルエットにはこれがとても大事になります。
ひし形とは具体的に、トップ(頭頂部)とアゴを上下の点として作られたひし形です。
頭頂部はボリュームがあった方がいいですが、ハチ部分の膨らみはおさえてすっきりさせ、鼻から耳の高さにシルエットのボリュームをもっていく。
そしてあごに行くに従ってまたスッキリさせると、アゴがシュッとして、顔が小さく見えます。
ひし形シルエットにすると
頭の形がよく見える
ボリュームが出る
小顔効果
分け目が目立たない
首がすっきり見える

など、良いことがたくさんあります。

今回のイメージは


篠田麻里子さんの髪型です。
黄金バランスのひし形シルエットとも言われています。

黄金バランスのひし形シルエットになるための3つのポイント

耳後ろのボリュームを抑える

篠田麻里子さん風グラデーションボブ
ぼんのくぼのボリュームを出すために耳後ろのボリュームはしっくりと抑えメリハリをつける。
絶壁のカバーにもなります。

襟足の一番下の髪までグラデーション(段)を入れて先細にする

image
襟足の一番下の髪までグラデーションを入れ、毛先が先細にすることで首のラインがすっきりと見える

トップ(髪の表面)にレイヤーは入れない

image
髪が柔らかい人は、ツヤが出にくい髪質でもあります。
髪は面が整う事でツヤが生まれます。逆に面が整っていなければツヤは出ません。髪にレイヤー(段差)をつける事は面を崩す事になるので表面にはレイヤー(段差)を入れない理由です。

スタイリングのコツ

image
ひし形シルエットを作るカギは「トップ(髪の表面)のボリューム」にあります!
トップ(髪の表面)の髪をふんわりとさせることで、ひし形の縦ラインを作ります。
トップをつまむように持ち上げスプレーワックスを吹きかけて完成です。

すぐにペタンとしてしまう方はコスメパーマがオススメです。
十分なカウンセリングの時間を設けていますのでご相談ください。

新規指名No.1・クチコミNo.1
ショート&ボブは大人世代から
圧倒的人気のスタイリスト

やわらかなヘアスタイルを得意とし、一人一人に似合わせるヘアは、年齢層問わず多方面から支持されている人気スタイリスト。 ごまかしのきかない髪型のショート~ボブスタイルの顧客が8割にも及ぶ。 また最近はミディアムのレイヤースタイルもオーダーが多い。

毎朝のセットに時間かかっていませんか?
30代以上のすべての女性の方へ

ネットで検索しても、いい答えが見つからない。だったら悩みをプロの美容師に直接聞いてみませんか? 髪や地肌に関して気になること、気軽にご質問ください。 24時間365日いつでも受け付け中です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

表参道の美容室ディフィーノ青山|副店長

カットに定評があり、柔らかな毛流れとまとまりのあるスタイルを作る。自宅でもカンタンにセットのできる再現性のある髪型になると評判。