最近話題のキュレーションメディアについて

この記事を書いている人 - WRITER -

関田 大輔
 詳しいプロフィールはこちら  icon-twitter-square  icon-instagram
関田 大輔(せきた だいすけ)
表参道 ディフィーノ アオヤマ 副店長
カットに定評があり、柔らかな毛流れとまとまりのあるスタイルを作る。自宅でもカンタンにセットのできる再現性のある髪型になると評判。
詳しいプロフィールはこちら

まとめサイト(キュレーションメディア)が何かと話題になっています。

http://president.jp/articles/-/20855?display=b

DeNAが運営していたキュレーションサイトのMERY。
いつのまにか運営元が変わっていました。知りませんでした。

美容情報がたくさん掲載されていました。
若い女性から人気のサイトで、たくさんの美容師さんも登録していたので、僕も記事をよく参考にしていました。

現在は記事がすべて非掲載に…。

リクルートが運営しているキュレーションメディア【ギャザリー】

リクルートも【ギャザリー】というキュレーションサイトを運営してます。

美容のキュレーターとして立ち上げに参加


自分もリクルートさんからお声をかけていただきました。

キューレーションメディアは気にもなっていた時期で面白そうだったのもあり、立ち上げに参加させて頂きました。
(記事は1つだけしかアップできませんでしたが…)

書く側が著作権についての認識が重要

http://mainichi.jp/articles/20161210/k00/00m/040/160000c

ブログなどの記事を書く際に気をつけるべき点として著作権が大切です。

著作権(ちょさくけん、英語: copyright、コピーライト)とは、書物、言語、音楽、絵画、建築、図形、映画、コンピュータプログラムなどの表現形式によって自らの思想・感情を創作的に表現した著作物を排他的に支配する、財産的な権利である。 著作権は特許権や商標権にならぶ知的財産権の一つとして位置づけられている。
引用:著作権 – Wikipedia

人の書いた記事や撮った写真などを許可なく使用し、あたかも自分の記事のように書くことは著作権侵害になります。

実は、自分も人の記事をコピペしていた時期がありました。

「この記事は言い回しも上手だがら使わせてもらおう」などという本当に安易な気持ちでした。

それはブログを書く上で勉強不足でした。

いや、きっとダメな事だろうと思いながらも「まぁいいか」などと自分のことしか考えずコピペを、しブログを更新していたのでしょう。

たいへん申し訳ありませんでした。

過去のブログをすべて見直し、すべて削除いたしました。

でも削除という形が果たしてよかったのでしょうか?

著作権侵害が美容業界にも

数年前、美容業界でもヘアスタイルの写真が無断で流用されている事が問題になりました。

自分の作ったヘアスタイルが、全く別の知らない人が自分のホームページやホットペッパービューティーにヘアスタイルを掲載してる事が発覚したのです。

現在はヘアスタイルの写真が盗用されるのも少なくなりました。

会社でブログをやっているのであれば会社全体でもっと注意喚起をし、個人でやっている場合でももっと知識を深めていくこと。

各メディアサイトでもしっかりと見直していかないといけないですね。

自分もしっかりと戒めて取り組んでまいります。

新規指名No.1・クチコミNo.1
ショート&ボブは大人世代から
圧倒的人気のスタイリスト

やわらかなヘアスタイルを得意とし、一人一人に似合わせるヘアは、年齢層問わず多方面から支持されている人気スタイリスト。 ごまかしのきかない髪型のショート~ボブスタイルの顧客が8割にも及ぶ。 また最近はミディアムのレイヤースタイルもオーダーが多い。

毎朝のセットに時間かかっていませんか?
30代以上のすべての女性の方へ

ネットで検索しても、いい答えが見つからない。だったら悩みをプロの美容師に直接聞いてみませんか? 髪や地肌に関して気になること、気軽にご質問ください。 24時間365日いつでも受け付け中です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

表参道の美容室ディフィーノ青山|副店長

カットに定評があり、柔らかな毛流れとまとまりのあるスタイルを作る。自宅でもカンタンにセットのできる再現性のある髪型になると評判。